黒川で「禅寺丸柿の柿もぎと芋掘り体験

(掲載日:2020年10月3日)

最新News

爽やかに晴れ上がった10月3日(土)、黒川で「禅寺丸柿の柿もぎと芋掘り体験」が開催されました。
麻生区と麻生観光協会が主催の催しは 小学生と保護者のペアで30名を募集したところ
川崎市内のみならず横浜市・相模原市・横須賀市、逗子市等から46組106名の応募があり、抽選で14組32名が選ばれて参加されました。

約800年前に王禅寺で発見され日本最古の甘柿として国の登録記念物に登録されている禅寺丸柿は、麻生区の木であり地域の名産物です。
昔から伝わる柿もぎ棒・バッパサミを使っての柿もぎは、地元でも最近はあまり見られない貴重な体験です。
禅寺丸柿をモチーフにしたキャラクター「かきまるくん」も 体験会に華を添えました。
柿もぎの後は畑に移動して 土の中から大きなさつまいもを堀る体験も楽しみ 秋の一日を過ごされました。