『禅寺丸柿もぎ体験』…禅寺丸柿の日イベント

(掲載日:2016年10月3日)

最新News

青空の広がった10月2日(日)、黒川の越畑氏宅前庭を会場にした『禅寺丸柿もぎ体験』が開催されました。これは麻生区の木であり特産品である『禅寺丸柿』。(「かながわの名木100選」「川崎市のまちの木50選」にも選ばれています。)
この禅寺丸柿が文化庁により平成19年7月26日に 国の指定登録記念物に指定され、平成24年10月21日に開催された「禅寺丸柿サミット」で、『10月21日を禅寺丸柿の日』とする「禅寺丸柿サミット宣言」が採択されました。
この10月21日の『禅寺丸柿の日』を記念したイベントの一環として今回の『禅寺丸柿もぎ体験』が開催されたものです。
『禅寺丸柿もぎ体験』は、麻生区役所・禅寺丸柿保存会・麻生観光協会の共催によるものです。
わずか20名の参加定員に対して178名の応募者があり、人気の高いイベントでした。

0かきまるくんを紹介600

平成26年3月29日に初デビューした禅寺丸柿キャラクターの「かきまるくん」を参加者に紹介

 

0柿のもぎ方を解説する水野会長400

柿生禅寺丸柿保存会 水野会長による柿もぎの解説

    (右手には 柿をもぐバッパサミ、左手には柿の木の上でもいだ柿を入れる竹かごを持って解説)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0ばっぱさみで柿をもぐ参加者700

参加者は用意されたバッパサミを使い一斉に柿もぎを開始

 

0かきをもぐかきまるくん450かきまるくんも狙いすました禅寺丸柿をもぐ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0柿の木に登り、ばっぱさみでもいで柿かごに入れた柿水野会長450柿生禅寺丸柿保存会 水野会長が実際に柿の木に登り、昔風の柿もぎを実演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0得意満面の北沢区長350よく熟れた柿をバッパサミで取り、得意満面の麻生区長 北沢仁美さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0かきまるくんとツーショットの区長350自慢の禅寺丸柿を手に かきまるくんとツーショットの麻生区長 北沢仁美さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0柿の皮をむき試食品の提供400バックヤードではもぎたての柿の皮をむき参加者に提供

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0禅寺丸柿の日 幟旗350      

 

0かきまるくんと子供たち450

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0参加者の記念撮影800

越畑氏の庭で 参加者と関係者の記念撮影