川崎・しんゆり芸術祭 (かわさきしんゆりげいじゅつさい)

市民主体のアートイベントや芸術活動が盛んな麻生区で、平成21 年(2009 年)から始まった総合芸術祭。毎年ゴールデンウィーク期間中に、新百合ヶ丘駅周辺でクラシックやジャズ、ポピュラーなどのコンサート、オペラ、ミュージカル、演劇、映画、伝統芸能、演芸、ダンス、美術展などの公演やイベントが行われる。また期間中は、「子ども広場」や、手づくりアート作品を展示・即売する「アート市」などの野外イベントも開催。
アルテリッカの来場者は毎回2 万人を超え、芸術祭を支える市民ボランティアの数も年々増えるなど、大人も子どもも楽しめる良質の芸術イベントとしてすでに地域に根づいており、今後は開催エリアを拡大し、川崎市北部全体の芸術イベントとして広がることが期待されている。
ちなみにアルテリッカ< ARTE RICCA >とは、イタリア語で「豊かな芸術」という意味の造語。