恩廻公園調整池 (おんまわしこうえんちょうせいいけ)

icon3鶴見川は以前蛇行しながら公園の敷地を流れていたが、昭和48?52年(1973?1977年)に現在の形に整備した。この改修によって生じた延長800m、面積2haの旧河川敷地に広場が完成し、恩廻公園と名付けられた。下麻生市民の憩いの場として自治会の夏祭りやグランドゴルフ、ゲートボール等の場になっている。
調節池は鶴見川流域の住民を水害から守るため、改修前に鶴見川が流れていた所に造られた。600mのトンネルで、内径15.4?16.5m、貯留容量110,000㎡の地下調節池で、排水ンプが2台ある。


 

所在地 麻生区下麻生3-1   地図を見る
電話
アクセス 小田急線「柿生」駅北口から 柿22,23,25系統バス「亀井 橋」下車 徒歩3分