弘法松公園 (こうぼうのまつこうえん)

icon1icon3高さ32m、目通り7m、根回り11m、樹齢数百年を超える黒松の銘木で、県の天然記念物になっていた。昭和31年(1956年)、焚き火の不始末により燃え枯れてしまい、現存しない。弘法大師が寺を建立しようとしたが、百に足りない九十九谷しかなかったのでとり止めた。ついていた松の枝を差すと、そこから根が生え繁茂したと伝えられている。現在、松は植え替えられている。
「ふるさと麻生八景」にも選ばれている。

所在地 麻生区百合ヶ丘2-10   地図を見る
電話
アクセス 小田急線「百合ヶ丘」駅より、百01,02系統バス「弘法松」徒歩2分