ヤマユリ

花の大きさはユリ科の中でも最大級で、その重みで全体が傾くほど。開花時期は7~8月頃。花の香りは甘く濃厚でとても強く、豪華で華麗であることから、『ユリの王様』と呼ばれている。かつては、麻生区内の各所で生しており、百合丘の地名の由来になったと伝えられているが、現在はその姿を容易に見ることが困難になってきている。
そうした現状を憂い、近年は『麻生ヤマユリ植栽普及会』が「かつてヤマユリの自生地であった麻生の地を、域内のどこでも誰にもその草姿が普通に見られる“百合ヶ丘”として復活再生すること」を目的として、万福寺のおやしろ公園や岡上の梨子ノ木緑地などで植栽活動に取り組み、その活動は広がりを見せつつある。

 

CIMG0927